北欧ドラマ「The Bridge」


「The Bridge」2011年9月から11月にかけて放送されたスウェーデンとデンマーク合作のテレビドラマ。 スウェーデンとデンマークとの間のエーレスンド海峡を跨ぐ国境の橋、オーレスン橋で女性の遺体が発見される。遺体は体の中央で正確に国境ラインを跨ぐように置かれていた。スウェーデン・マルメ県警とデンマーク・コペンハーゲン警察は合同捜査を開始する事となり、コペンハーゲン警察のベテラン刑事マーティンは、マルメ県警の女刑事サーガ・ノレーンとコンビを組む事となるが、サーガは一風変わった性格の持ち主だった…。 やがて「真実のテロリスト」と名乗る人物が、犯行声明を発表。社会が抱える5つの問題点を提起するためにと、次々と新たな犯行を実行し始める。

ぐいぐい引き込まれる北欧のドラマ

緻密な伏線、異彩な登場人物。飽きさせない展開でついつい続きを見たくなる。 スウェーデン・マルメ県警の女刑事「サーガ」は他人の感情を理解できないパーソナリティ障害をもっている(ここんとこ詳しくは解説されていない)となぜかモテるおっさん刑事(笑)が難解な事件に挑む。 ハッピーエンドとは言い難い最後ではありますが中々面白かったです。

主人公の家がカッコよくて

北欧の天候が曇りがちであるためかドラマの中の町並みは暗いグレーな色彩。素敵な建物や、 ドラマ自体も面白いのですが、主人公デンマーク・コペンハーゲン警察の刑事「マーティン」彼の家族が住む家がカッコイイんです。 よ〜く観察すると、一階はキッチンとリビングが続いている間取りですが、スッキリとしたスタイリッシュな空間になっています。 the bridge_3リビングにはあまりにも自然にエッグチェアが置いてあったり、、、、 カーテンはウッドフレームのパネルタイプだったり、、、、 the bridge_2キッチン・ダイニングもトーンが統一されてて、冷蔵庫もでかくてアルミっぽい扉もカッコイイ ダイニングの椅子もYチェア〜 the bridge_1テレビ視聴はなんとソファーの片端に直置きにした液晶テレビを見下ろす視聴環境。 なかなか無いよね〜 the bridge_4屋根も板張りで、ズドーンと広い1階には途中に柱もない〜

などなどなど、、、、 ドラマの話も面白いけど、北欧のインテリアにも釘付けです!!!

第二Seasonも見るぞっ!

今作に引き続いて、第二シーズンも全10話であります。 設定も変わらず完全な続編ですので、またまたしっかり見ていきたいと思います〜。たのしみ〜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です