DVD鑑賞「FURY」拳に力が入って、、、、


見終わったあとはどっと疲れが押し寄せる、、、 第二次世界大戦を戦った戦車を中心に描いた映画
1945年4月、戦車“フューリー”を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。 新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。 やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー”の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていく。 たった一輌の戦車でドイツの大軍と戦った5人の男達は、なぜ自ら死を意味する任務に挑んだのか―。

戦車乗りは戦車が我が家

ストーリーはすごく単純。 圧倒される戦場の臨場感。 ヨーロッパ戦線も末期、もう少しで終わりなのに実際にこんなに激闘だったのか? 戦争を鮮明に強烈に叩きつけてくる映像は両手の拳に力を入れなければ吹き飛ばされそう。

最後はちょっと、、、、

最後はちょっとどうだろう かなり強引すぎるのでは無いか? 止まった戦車にあれだけの人数でかかって、破壊できないものだろうか? 強力なドイツ製手榴弾を二本投げ込まれて火災なしでいられるものだろうか? リアルでディープな戦場だったが、最後はアメリカ映画の匂いがしてしまった。

、、、けど、面白かった。  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です